So-net無料ブログ作成
検索選択

ネイルスカルプ [ファッション]

ネイルスカルプアクリルやジェルなどの素材を用いて自分の爪の上に付け爪を造型することを指します。割れやすい爪の人が爪を補強するために地爪の上に塗るだけの場合はオーバーレイと呼びます。スカルプとは造型するという意味を持つのです。
おおまかにはアクリル重合によって硬くて長いつめが作れるアクリルスカルプと、ジェルを塗ってから紫外線で固めるジェルスカルプ、このようにネイルスカルプを分類することができます。カルジェルというのは新素材のジェルネイルスカルプのことです。
アクリルでもジェルでもどちらのネイルスカルプも土台は自分の爪ですから、一度作ったネイルスカルプをはがすには溶かすか削るしかありません。ネイルチップのように簡単に着けたり取ったりはできませんのでご注意ください。


ネイルスカルプの利点はでも、なんといっても美しいことです。ネイルチップでは作り出せない自然で美しいそしてゴージャスな造型をネイルスカルプは与えてくれます。
ネイルスカルプと異なり、ネイルチップは幅やフォームが合わなかったり、不自然に見えてしまったりすることがあります。また、すぐに剥がれてしまうこともあります。
ネイルチップは安いしたくさんそろえる楽しみはあるのですが、もともと爪が小さいとか形が個性的な方の場合、あるいは長い付け爪がほしい方の場合は、形が自在で強度も十分なネイルスカルプはお勧めです。


ネイルスカルプのほとんどいい点ばかり書いてしまいましたが、ネイルスカルプにも当然ながら欠点はあります。最大の問題はネイルサロンで作ってもらうとアクリルネイルスカルプにしろジェルネイルスカルプにしろ、けっこう高くつくということです。
ネイルスカルプを少しでも安く上げようとすれば、ネイルサロンには行かずに自宅用のネイルスカルプキットを買うのもありです。綺麗なネイルスカルプをさくさく作るのは慣れるまでは無理だと思いますけど、慣れれば楽しいかもしれません。不器用な人にはお勧めしませんけど。
ネイルスカルプで作った爪は上にも書きましたが、付け爪の部分は当然ながら成長しませんので、地爪が伸びてくると段差が目立つようになりますので、まめにリペアーする必要が出てきます。これをさぼるとカビが生えることがあります。外すときには薬剤で地肌や地爪を傷める可能性もあります。


ネイルスカルプの中ではジェルネイルが、感覚的にはとりつきやすいです。ジェルネイルスカルプはフォームの上にジェルを塗って紫外線で硬化させるものです。紫外線を当てるまではなんども塗りなおせる点はいいのですが、柔らかいだけに綺麗な長いネイルスカルプを作るのは少し難しいです。
アクリルネイルスカルプ、あるいはアクリルネイルネイルサロンで一般的に、「スカルプチチャー」と呼ばれるのはこの形式です。 混ぜると重合反応が起こり硬化するアクリルパウダーとアクリルリキッドを用いて付け爪を造型します。においがきついという欠点はありますが、比較的安価で、アセトンに溶けるため剥がしやすいです
ネイルスカルプはあなたのお仕事や生活環境、つまり使用状況をよく考えて、ジェルかアクリルか選んでくださいね。最近はカルジェルがカビの生えにくいジェルタイプとして人気です。どれを選ぶにしても、ネイルチップとは違って少し予算やお手入れの手間はかかりますから、よく考えてあなたのネイルスカルプを選んでください。ネイルデザイン| ネイルアート


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:美容

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。