So-net無料ブログ作成

エッセンシャルオイル効果 [趣味]

エッセンシャルオイル(精油)は自然の植物の樹皮、果皮、花びらや葉っぱ、根っこなどから取り出した天然の香りの主成分のことです。
エッセンシャルオイルはそうして強力な天然の香りの成分を含んでいるので、アロマセラピーに用いることでわれわれの心身にさまざまな効果を及ぼすことができます。
エッセンシャルオイルの抽出方法はさまざまです。加熱だったり圧搾だったりそれは材料に応じて変化するのですが、特にジャスミンのように花びらからとる場合は大量の花びらを消費する必要があります。


そのようにエッセンシャルオイルを搾り取るのにたくさんの花びらを必要とすることから、花びら系のジャスミンのエッセンシャルオイルなどは非常に高価です。高価なのが当たり前なのです。
エッセンシャルオイルと良く似たビンに香り付けしたオイルをつめて「アロマオイル」などと称して売ってある場合がありますが、性質も高価も異なりますので本物のジャスミンのエッセンシャルオイルと間違えないようにしてください。
さて、アロマセラピーに使われる天然成分100%のエッセンシャルオイル、例えばジャスミンの場合はどのような効能があるのでしょうか?


ジャスミンはJasminum officinale(J.grandiflorum)というモクセイ科の植物で、北アフリカ、イタリアが生産地です。原産地はヒマラヤのあたりらしいです。ジャスミンと聞くとどのような印象をお持ちでしょうか?ジャスミンティーとか、アニメの可愛い女の子の名前とか、なんだかやさしい印象ではないかと思います。
現在、大量生産で精製度の低い工業用も含めて世界中で生産されているエッセンシャルオイル(精油)で、アロマテラピーの用途に使用されるものは100種類以上あると言われています。それぞれの香りは、違った性質や働きをもっています。
ジャスミンは名前の響きとは裏腹に、実はこれら100種類以上のエッセンシャルオイルの中でも、香りにしろ効能にしろ、使う目的にしても、かなり強力なエッセンシャルオイルの部類に入ります。


ジャスミンエッセンシャルオイルの香りは甘くて強烈です。困難に直面して自信を失ってしまったときに役立つエッセンシャルオイル(精油)と言われています。抗うつ治療にも用いられるなど、落ち着かせてかつやる気を出させてくれると手も役に立つエッセンシャルオイルです。
ジャスミンエッセンシャルオイルの甘くてエキゾチックな香りの持つもう一つの有名な効果は性的なポテンシャルを高めることにあります。昔からインドなどでは媚薬の主成分でしたし、男性の場合、ED(インポテンツ)の治療にもジャスミンエッセンシャルオイルは効果的らしいです。
ジャスミンエッセンシャルオイルには生殖器への効果として他に具体的には、分娩を促進し、痛みを和らげる。ホルモン分泌調整、乳汁分泌、子宮活性、強壮などの機能があります。逆に禁忌ですが、間違っても妊娠中には使ってはいけません。早産の元となりかねませんので、気をつけてくださいね。


エッセンシャルオイル


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。